マルチトップラー LFS-108

マルチトップラー LFS-108

マルチトップラー LFS-108 はより深く、より効果的に、痛みの治療を真剣に考えて開発されたオリジナル波形「トップラーウェーブ」と、よりいっそうの治療効果と、患者様の満足度をアップさせる新感覚のマルチモーション通電を採用いたしました。
マルチモーション通電とは1000Hz以下の周波数を大きく変調させることにより生まれる「電流経路が変化」する効果で、一定の出力でも表層から深層までの筋肉を動かすことができます。また周波数だけでなく電圧や2CH間の周波数差など多重に変調させ、患部に複雑で痛み無く作用させる新モードです。


Multi Motion 通電

よりいっそうの治療効果と、患者さんの満足度アップ
新モード、Multi Motion 通電

1000Hz以下の周波数を大きく変調させることにより生まれる「電流経路が変化」する効果で、一定の出力でも表層から深層までの筋肉を動かすことができます。また、周波数だけでなく電圧や2ch間の周波数差など多重に変調させ、患部に複雑で痛み無く作用させる新モードです。

医療現場の声から生まれた、便利で使いやすい各種機能

  • 各種機能
  • トップクラスのチャンネル数
  • 2つの通電方式

各種機能

スムーズ操作パネル

手順に合わせたボタンの配置とイラスト表示で、スムーズかつ、操作ミズを防ぐパネルデザインになっています。

導子置きトレー

吸着導子がゆったり置け、さらに患部にあてるスポンジも温めることができる、ヒーター内蔵型の大型トレーを採用しました。

吸引導子接続部

吸引導子のパーツと本体の表示がわかりやすく色分けされてるため、導子の装着や治療をスムーズに行うことができます。

収納ボックス

付属品や小物等を収納することができます。

トップクラスのチャンネル数

同等クラスの低周波治療器の中で、トップクラスのチャンネル数を誇ります。

2つの通電方式

シングル通電とシフトクロス通電で集中〜広範囲の治療がパワーアップします。

■シングル通電

各チャンネルが独立して(青・黄のカップそれぞれで)治療を行います。
刺激感と治療効果は、もちろん従来の当社トップラーの性能そのままです。

■シフトクロス通電

2つのチャンネルを同期させて1つの出力として患部の集中治療を行います。
シングルよりも集中した、複雑で強い体感が得られます。

仕様

製品名 マルチトップラー
形式 LFS-108
医療機器認証番号 221AGBZX00114000
クラス分類 クラスⅡ 管理医療機器
特定保守管理医療機器該当の有無 特定保守管理医療機器に該当する
一般的名称 低周波治療器
電源定格 AC100V(50/60Hz)
電源入力 190VA
本体質量 約 57kg
本体寸法 幅500/奥行600/高さ1,430(mm)
電撃に対する保護の形式による分類 クラスⅠ機器
電撃に対する保護の程度による装着部の分類 BF型装着部
作動モードよる分類 連続作動機器
空気・可燃性麻酔ガス、又は酸素又は亜酸化窒素・可燃性麻酔ガスのある中での使用の安全性の程度による分類 空気・可燃性麻酔ガス、又は酸素又は亜酸化窒素・可燃性麻酔ガスのある中での使用に適しない機器
低周波出力部仕様 出力電流 最大 50mA(500Ω抵抗負荷接続時)
出力波形 トップラー波(直角交換波)
パルス幅 0.5~500 (msec)
治療周波数 1000Hz
治療時間 1~30分、連続
治療プログラム シフトクロス電流4種類 (肩関節、腰、膝、EMS)
シングル通電2種類(首・肩、腰、脚)
出力チャンネル数 8チャンネル
治療モード 2種類(ソフト、ハード)

*改良のため予告無しに仕様等を変更することがございます。

お問い合わせ ※受付時間:平日9:00〜18:00