ペイントップラー LCF-304W

ペイントップラー LCF-304W

W.E.S低周波治療器ペイントップラーLCF-304Wは、通電に際し、心地よい刺激感と高い深部到達度を持つオリジナル波形「トップラーウェーブ」と独自のシステム「W.E.S(Water Electrode System)」を採用しています。
トップラーウェーブは深達度に優れ、W.E.Sは導子への水の補給やベルトによる固定が必要ないため、水分不足や密着不良による通電時の不快感や痛みを軽減します。また、導子内には常にお湯が循環しているため、心地よく患部を暖めることができます。さらに、患者さんの様々な訴えや疾患、患部に対応できるように、多彩なプログラムを内蔵しています。 トップラーが医療現場で支持されている理由はここにあります。


Water Electrode System

患者様は心地よく、ユーザー様は簡単に。2つの要望を実現する、
セルコムだけのお湯循環型導子『W.E.S』

W.E.Sは、導子内にお湯を循環させることによって生じる負圧で、導子を患部に吸着させるシステムです。

◆お湯で温めながら治療を行うため、温かく心地よい治療感が得られます。
◆常にお湯が循環しているため、治療中の水の補給が必要ありません
◆吸着型のため、ベルトなどによる固定の必要はありません
◆密着不良や水分不足によるチクチクとした痛みがないので、高い出力で治療ができます。

医療現場の声から生まれた、便利で使いやすい各種機能

  • 各種機能
  • スムーズ操作パネル
  • その他(安全設計等)

各種機能

水温設定

導子内を循環するお湯の温度を35〜41℃の範囲で設定できます。

導子置きトレー

吸着導子がゆったり置け、さらに患部にあてるスポンジも温めることができる、ヒーター内蔵型の大型トレーを採用しました。

ホースキーパー

垂れ下がった導子のコードが床に着かないようにホースキーパーを装備しました。

収納ボックス

付属品や小物等を収納することができます。

トップラーパックの使用も可能

従来のトップラーシリーズで使用されているヒーター内臓型導子『トップラーパック』の使用も可能です。
※トップラーパックはオプションです。

スムーズ操作パネル

手順に合わせたボタンの配置とイラスト表示で、スムーズかつ、操作ミスを防ぐパネルデザインとなっています。

カップと操作ボタンが色で連動

吸着導子に埋め込まれたカラーチップは各チャンネルの出力ボリュームの色に対応しています。

導子外れに対する安全設計

治療中に導子が外れると自動的に出力を一時停止する安全機能を内蔵しています。
導子を再装着すると、設定したレベルまで自動的にゆっくり上昇します。

水に対する万全の衛生管理

W.E.Sには、衛生的にお使いいただくために、3つの水処理機能を装備しております。

仕様

製品名 ペイントップラー
形式 LCF-304W
医療機器認証番号 LCF-304W : 218AGBZX00045000
クラス分類 クラスⅡ 管理医療機器
特定保守管理医療機器該当の有無 特定保守管理医療機器に該当する
一般的名称 低周波治療器・乾式ホットパック装置 組み合わせ理学療法機器
電源定格 AC100V(50/60Hz)
電源入力 640VA
本体質量 約 74kg
本体寸法 幅500/奥行600/高さ1,430(mm)
電撃に対する保護の形式による分類 クラスⅠ機器
電撃に対する保護の程度による装着部の分類 BF型装着部
作動モードよる分類 連続作動機器
空気・可燃性麻酔ガス、又は酸素又は亜酸化窒素・可燃性麻酔ガスのある中での使用の安全性の程度による分類 空気・可燃性麻酔ガス、又は酸素又は亜酸化窒素・可燃性麻酔ガスのある中での使用に適しない機器
低周波出力部仕様 出力電流 最大 50mA(500Ω抵抗負荷接続時)
出力波形 トップラーウェーブ
パルス幅 0.5~500 (msec)
治療周波数 1~1000Hz
治療時間 1~30分(1分毎ディジタル設定)
治療プログラム 6種類 (首、肩、腰、肘、膝、足首)
出力チャンネル数 4チャンネル
導子名称 WES専用吸着導子:VP-15、VP-16
トップラーパック VSシリー (*1)
吸引力設定 5段階設定
水温調節 35~41℃

*1) トップラーパックVSシリーズはオプションです。 *改良のため予告無しに仕様等を変更することがございます。

お問い合わせ ※受付時間:平日9:00〜18:00