アクアラックス WT-1011/1013 タイプG 2

アクアラックス WT-1011/1013 タイプG 2

アクアラックス WT-1011/1013 タイプG

平成9年に国産初のウォーターベッド型マッサージ器「アクアラックス」8シリーズを発売して以来、9シリーズ、10シリーズと15年間に渡る改良と改善を重ねて参りました。これまでの医療現場でいただいた多くのご要望にお応えする形で生まれたのが、「アクアラックス WT-1011/1013 タイプG2」です。

特長

  • 水の力で全身マッサージ
  • 水に浮く感覚が心地よい
  • 水の動きと強さが体にやさしい

「水」の力で全身マッサージ

たっぷりの水が入ったバスタブに柔らかいラバーマットで封をした形になっているので、服を着たまま横になるだけ。

温かく心地よい浮遊感に包まれながら、下から噴き上げる水の刺激で全身を強く、やさしく揉みほぐします。

それは短時間で思わず眠ってしまうほどの心地よさです。

「水」に浮く感覚が心地よい

アクアラックスのマット面の幅は72cmあります。

これは人体寸法のデータベースを元に研究し得られた「ストレス解消に充分な浮遊感が得られるための最低幅は70cm」という結論に基づいています。

マットはバスタブにしっかりと固定されているため、これ以上幅を狭くしてしまうと横になったときに充分沈み込むことができず、海に浮かんでいるような心地よい浮遊感が得られません。

「心を癒す」ためにはマット面の幅は絶対にゆずれないのです。

「水」の動きと強さが体に優しい

水を噴射する2つのノズルを動かす治療プログラムには、血流や筋骨格系の配置基づいて、全身をくまなく効果的に刺激するための下記の5つの動きが複雑に組み合わされています。

新治療プログラム

ゆっくりモード

いわゆる筋膜モードです。浅筋膜から深筋膜までやさしくアプローチ。特定部位の筋膜の滑走性障害にも対応したプログラムです。

うつ伏せモード(腹臥位)

従来の仰向けモードに加え、うつ伏せモードを取り入れ、全身リラクゼーションを実現したプログラムです。(横隔膜・腹筋群等の緊張緩和)

集中モード

特定疾患部位をアクアラックスで集中的に噴射し、マッサージでは届かないインナーマッスル(深層筋)までアプローチすることが可能になりました。

医療現場で求められる機能と操作性

仕様

内臓治療プログラム 全32種
噴射圧 8段階調節
操作方法 操作パネル
本体寸法 長さ/幅/高さ 2,350/930/890(mm)
本体質量 220kg (注水時 582kg)
保温機能 保温モード:25~40℃の範囲で設定可能

保温タイマー:週間タイマー

電源定格 WT-1011タイプG2:AC単相200V(50/60Hz) 30A

WT-1013タイプG2:AC三相200V(50/60Hz) 20A

電源入力 WT-1011タイプG2:4.6kVA (50/60Hz)

WT-1013タイプG2:4.0kVA (50/60Hz)

一般的名称 ベッド型マッサージ器

(JMDNコード:34488000)

特定保守管理医療機器該当の有無 特定保守管理医療機器に該当する
電撃に対する保護の形式による分類 クラスⅠ機器
電撃に対する保護の程度による装着部の分類 B型装着部
その他の分類 永久設置型機器
医療機器認証番号 WT-1011タイプG2 222AGBZX00016000

WT-1013タイプG2 222AGBZX00017000

付属品 一重シーツ、カリビアンシーツ、砂袋、踏み台、手摺り

お問い合わせ ※受付時間:平日9:00〜18:00